秋川漁業協同組合

【平成29年 4月~ 6月】

【平成29年 4月~ 6月】

☆6月23日(金)☆
梅雨入りしたというのに…今日も朝から良い天気
たまに雨降りの1日もありますが、
川の水位に大きな変動は無く、引き続き通常よりも渇水状態が続いております。
画像の説明
オトリ鮎購入の際は、↑ この のぼり旗を目印に!
画像の説明
PDFを表示 ← ← クリックすると拡大します

画像の説明

画像の説明
ダリアの花と共に、夏の訪れを感じます。

☆参加選手用ぼうし☆
第9回秋川鮎釣りCHAMPION SHIP参加選手用のぼうしが出来上がりました。
今年のデザインは ↓↓↓ こちらです。
画像の説明 画像の説明

☆岩瀬渓おとり店☆
組合事務所上流1.5㎞程上流にあるオトリ屋さんです。
とても景観が良く、人気の釣りスポットです。
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

☆組合事務所前☆
午後2:00現在 気温25℃
本日は、河原にいると若干風があり涼しいです。
川沿いの遊歩道をウォーキングされている方もたくさんいらっしゃいました。
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明
ちょうど、正午くらいから竿を出されたお二人
2時間ほどの釣果は、10匹弱
撮影をお願いしたあたりから、パタリと止まったそうで・・・
すみません お邪魔しましたぁ(>_<)

☆秋川鮎の釣果情報・三ツ里支部(小峰館谷売店)☆

http://blog.goo.ne.jp/ayu-tateyabaiten
↑↑↑クリックしてください!
小峰舘谷売店(オトリ店)のアユの釣果情報です。

☆秋川・鮎 解禁☆
お待たせいたしました!  本日6月3日より、秋川 鮎 解禁 です。
午前8時 気温23℃
組合事務所周辺川沿いをカメラ片手に歩いてみました。
解禁当日の様子をお届けいたします。
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明
場所により釣果にムラがあるようです。
三ツ里支部からの情報によると、
AM9:00現在 多い人で37匹、少ない人で5匹 との釣果が報告されました。
水温上昇と共に釣果も上がっているようです。

☆秋川・鮎 試し釣り☆
5月28日(日) 曇のち晴  午前11:00現在 水温20℃
舘谷売店前にて、調査員5名による鮎解禁前の試し釣りが行われました。
川の状況:水位10㎝渇水状態、にごりなし
調査時間:午前11:00~12:00
総 釣 果 : 101匹(各調査員釣果32匹・19匹・19匹・16匹・15匹)
      101匹中、鶴田ダム湖産99匹、阿仁川産2匹、富山ダム湖産0匹
本日釣った魚は、日本大学の学生さんにより保菌検査が行われます。
残った魚の大半は、川に戻されました。
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

☆天然遡上鮎(江戸前あゆ)☆
本日、
世田谷区野毛(多摩川)にて汲み上げた天然遡上鮎(江戸前あゆ)を
五日市支部に放流しました。
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

☆ウグイ産卵期☆
毎年、桜の満開時期から5月頃にかけて
婚姻色の現れたウグイの大群が産卵にやってきます。

画像の説明

画像の説明

画像の説明 画像の説明
秋川漁協では各支部役員の方々が協力し、産卵床(クキ寄せ)作成作業を行っております。
川の瀬に穴を掘り、洗浄した大きい石から順に埋戻し産卵床を造ります。
大変手間の掛かる重労働です。

画像の説明
集まったウグイの群れを保護するため
産卵床を造った場所には、アミ等で囲いがありますので
立ち入らないようご理解ご協力をお願い致します。

☆秋川国際マス釣場☆
明日から、ゴールデンウィーク後半戦!という方々も多いのではないでしょうか
お休み中のイベントプランのひとつに、
秋川漁協直営『秋川国際マス釣場』を加えてみてはいかがでしょうか?
ファミリー…カップル…お仲間で…ご来場お待ちしております。
画像の説明
秋川国際マス釣場のホームページは画像の説明click!

☆4月23日天然遡上鮎(江戸前あゆ)☆
第三京浜下流(世田谷区野毛)にて
東京都水産課の方と共に、天然鮎(江戸前あゆ)の遡上確認をしました。
画像の説明 画像の説明

☆4月22日(第6回目)アユ稚魚放流☆
鶴田ダム湖産稚魚を計600kg放流!
うち、三ツ里支部に鶴田ダム湖産125kgを放流した様子です。

画像の説明 画像の説明

☆4月8日(第3回目)・9日(第4回目)アユ稚魚放流☆
4月8日(土)第3回目の放流は、
五日市・三ツ里・伊奈・山田・西秋留・東秋留・福生の各支部に
阿仁川産、鶴田ダム湖産稚魚を計600kg放流!
4月9日(日)第4回目の放流は、
伊奈・山田・西秋留・東秋留・拝島・熊川・福生・多西・日の出の各支部に
鶴田ダム湖産を計500kg放流!
画像の説明 画像の説明
バケツで放流する際は、水温の違いを考えて…ゆっくりゆっくり放流します。
画像の説明 画像の説明
画像の説明
放流車の入れる場所には、ビニールホースが大活躍!
ホースを使用した放流は、放流車から直に川に放流できることから
魚にキズがつかず、魚にとっての負担も軽減される為
非常に理想的な放流方法です。

☆29年アユ稚魚放流が始まりました。☆
昨年の温暖化の影響もあり、
今年度は例年より1週間早く、アユ稚魚の放流を始めました。
4月1日(土)に第1回目、2日(日)に第2回目放流を実施しました。
放流種苗は、富山県産・栃木県産・宮城県産
稚魚3,450kg、中成魚500kg、江戸前鮎(汲み上げ)50kg、計約4,000kgを
合計9回にわたり放流を予定しております。
画像の説明

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

画像の説明
早朝よりご協力いただいた担当支部役員のみなさん
大変ありがとうございました。
そして今年度も、
日本大学の学生さん達(写真中央)が放流に立ち会い、放流稚魚の感染病調査を行っています。
『秋川のアユは毎年検査を行っています!』
組合員・お客さまの安心と安全を第一に放流を行っております。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional